沖ドキ!撤去問題 ビッグシオ編

前回に続き沖ドキ!に代わる機械に焦点を当ててみました。
今回比較したのは2020年5月導入予定のビッグシオ(パイオニア)。
まずは沖ドキ!と比較してみました。

初見での印象は、歴代ビッグシオのゲーム性を継承しながらも沖ドキ!を意識したゲーム性なのかなと思いました。

ボーナス枚数は沖ドキ!に比べ少ないですが、ベースと合成確率でカバーされています。

30φが強いところでは検討対象になると思いますし、30φがあまり強くないところでは30φコーナーを新設するのも難しいと思いますので、25φもあれば「少台数ならあり」と思えるスペックではないでしょうか。

沖ドキ!2がそろそろ発表されるとのことで、まずは沖ドキ!2を見てからとは思いますが、状況や動向次第では可能性のある機械と思います。

※ 当サイトで使用しているホールや機械の画像はすべて許可を取り撮影し、掲載しております。

テーマ「人気機種撤去問題を先読み!」の記事

注目のトピックス 最新テーマ