「Pぱちんこウルトラマンタロウ2」 ~ウルトラ神スペック誕生~


皆様こんにちは。玉男です。

今回はオッケー様の新機種、「Pぱちんこウルトラマンタロウ2」(※以下、タロウ2)について考察していきます。
当機種は導入予定日が4/19、導入予定台数が約25000台となっております。

オッケー様(京楽様)の主力版権である「ウルトラマンシリーズ」の最新作となります。
新内規対応機で非常に強力なスペックを搭載しています。
特に先日ご紹介したサンセイR&D様の「P牙狼MAXX」(※以下、牙狼)と似ている部分が多いため、今回は比較をメインに、下記の項目で考察していきたいと思います。

①タロウチャッカー
②牙狼との比較

それではスペックについて見ていきましょう。
詳細は下記になります。

スペックは遊タイム有りのミドルで、初回は突破型になっているループタイプです。
特図2の大当りでは継続するか否かにかかわらず10R1600発の出玉を得ることが可能となっていますが、代わりに特図1の大当りはすべて2Rで時短6回の突破チャレンジに行くという設計です。
爆発力が非常に高く、自力感のある突破型タイプはユーザー様の評価も得ているため、主戦力となることに期待が持てると思われます。

~①タロウチャッカーついて~

タロウ2には「タロウチャッカー」と呼ばれる入賞口があり、これによって大当り中により多くの出玉を獲得できるようにしています。
10R消化する間に約100発の払い出しがあるとのことで、これによりP機では不可能となった1500発以上の払い出しを“ウリ”としています。
たかが100発。されど100発です。10連チャンしたら1000発の差が出るのは大きいと思います。

~②牙狼との比較について~

今回はスペックが非常に近い牙狼と比較してみたいと思います。

・RUSHTYについて

タロウ2が最も牙狼より分かりやすく秀でている部分として、前述したタロウチャッカーによる1600発の払い出しと、それによるRUSHTYの高さがあります。
同じ連チャン回数で平均100発多いので、その分単純に爆発力が高いということです。
代償としてタロウ2はヘソの賞球が1となっています。
ヘソ賞球1については様々な意見がありますが、最低限、ヘソ賞球に応じた回転数を確保することは必須でしょう。
ヘソ賞球が1の台と3の台が全く同じ千円スタートでは、感じる印象は大きく異なると考えられます。
それぞれのスペックに応じた運用が重要でしょう。

出玉速度は牙狼とほぼ変わらないとの噂です。

・高確率について

まず高確率ですが、牙狼がほぼ1変動で決まるのに対し、タロウ2は約1/9.16と多少待つことになります。
大当りによる継続率が81%と高く、高確率も1/9.16と当りやすいため、残保留で引き戻すと出玉が大変なことになります。
そのためタロウ2や牙狼のような機種には特図2の保留がありません。
したがって変動すると言っても先読み演出などはなく、唐突に大当りが告知されることになります。
保留がなく毎回打ち込むことになりますので、トイレには行きやすくなります(笑)

・初当り出玉と継続率について

初当り出玉は1R分牙狼の方が多いですが、ミドルスペックに対して150発は誤差と言っていいでしょう。
継続率、継続回数は同じ設計値なのでまったく同じですが、それ以外の突入にかかわる数字は大きく違います。

・初回突入率について

タロウ2の特徴として時短突破型の機械であるということが挙げられます。
数字にすれば同じ50%に見えますが、ポイントは「ループタイプである」ことと「突入のための大当りを引いている」ということです。
RUSH突入というのは牙狼でいえば時短200回、タロウ2でいえば時短900回の状態に入ることです。
牙狼は特図1で50%を引けばそこに行けますが、タロウ2は時短6回転のうちに大当りを引いて、かつ81%の継続する大当りでなければ、その大当りをとったら通常に戻ってしまいます。
出玉の計算上は正直に言ってどちらもほぼ同じですが、ユーザー様の体感として「突破型で規定回転数以内に大当りを引いたのにRUSHに入らなかった」という印象を与えてしまう可能性があります。

タロウ2は即通常に戻ってしまうので、この点は回避のしようがないものです。
その代わり通常大当りでも1600発の払い出しがあるため、非突入時の平均出玉は若干上がります。
(2R単発終了か2R→10R通常で終了した場合の期待値=約555個)
「時短6回転で大当りを引いたのに通常だった」という人は全体の10%程度発生しますが、その方たちが出玉で継続遊技してくれる可能性もありますので、期待が持てる手段として突破型が採用されたのではないかと考えます。

若干マイナスに書いた部分もありますが、引き換えに「突破型による自力感」「必ずチャンスがもらえる」「RUSH突入時点で2000発弱持っている」というメリットと呼べる性能も持ち合わせていますので、一概に牙狼よりも悪いということはないです。
ここは本当にそれぞれの個性と呼ぶべきところなので、実際に体感して判断されるべきでしょう。
時流としては突破型の方が好まれる傾向にあるように感じます。

~最後に~

さて、今回は「P ぱちんこ ウルトラマンタロウ2」について考察させていただきましたが、いかがだったでしょうか。
牙狼が導入延期になり、GW商戦のライナップを見ると、タロウ2は最有力候補の筆頭になるのではないでしょうか。

牙狼とタロウ2、それぞれの違いについてお伝えできていれば幸いです。
今回は牙狼と比較が中心となりましたが、牙狼もタロウ2も、市場の機械と比較すると別格の性能を持っていることは疑いようがありません。
重要なのは版権や突破型と言った個性を理解し、ニーズに合わせた運用をすることだと思いますので、今一度、実際に試打したり動画を見るなどで打感をしっかり確認して、需要を満たせるのがどちらか、あるいは両方なのかを見極めていただければと思います。
それでは今回はここまでと致します。

次回もどうぞ宜しくお願い致します。

※ 当サイトで使用しているホールや機械の画像はすべて許可を取り撮影し、掲載しております。

テーマ「天井付のパチンコでどう変わる?!」の記事

注目のトピックス 最新テーマ