初打ちレポ ~「パチスロBLACK LAGOON4」編~

2020年7月6日から九州・愛知・静岡などの一部地域で先行導入→7/20から全国導入されました。
そんなパチスロBLACK LAGOON4(以下、ブラクラ4)を初打ちしてきました!
スペックは以下のとおりです。

通常時はレア役からのAT抽せんがメインで、レア役でAT直撃するか、レや役からポイントなどを獲得しデスペラードバトル(CZ)を経由してATに行く流れです。
デスペラードバトルの勝利期待度は33%とのことです。
デスペラードバトルに無事勝利するとヘブンズラッシュ(上乗せ特化ゾーン)からATがスタートします。
AT中は、ヘブンズラッシュ(上乗せ特化ゾーン)とラグーンボーナス(疑似ボーナス)を行き来させながら完走を目指しますが、純増9枚なので260Gほどリミット到達です。
AT終了後は5Gのバラライカゾーン(AT引き戻しゾーン)に移行します。
個人的にはゲーム数管理よりはレア役での抽せんのほうが好きなので◎です。

と、言うのは簡単ですが実際はかなりキツイです。
高設定はレア役からの直撃比率が高いと聞いていますが、デスペラードバトル経由ですと中々バトルに勝てません(泣)白鯨5戦はキツイです(大泣)
天井カウントはデスペラードバトル終了後にリセットされます。

ATに入れば出玉も早いですし、バラライカゾーンで引き戻せば一撃5,000枚も夢ではありません。
体感できた人は楽しいでしょうね。

先行導入の2日目は7月7日というゾロ目日でしたがアウトが24,000を超え噂にもなっていました。
5月後半当りから目立った新台もなかった+7月7日+高純増タイプということでこれだけ稼働が伸びたのではないかと見ています。
6号機ATの場合、出玉の“事故率”が低いので高設定が使えないと厳しいと思います。
バラライカゾーンで引き戻せば5,000枚もありえると考えると我慢できるのか、その前に心が折られるのか・・・。(個人的には後者です)
ブラクラ4はレア役抽せんがメインとなっていますが、ポイントを貯める作業が発生します。
6号機の高純増機なのでその分ハマるのは覚悟していますが、通常時の作業感は否めないです。
上手く設定を織り交ぜて期待感を煽らないと稼働維持は難しいと思います。
とはいえ6号機自体まだまだ発展途上ですし、初動とはいえ稼働がついたのも事実ですので、ブラクラ4のみならず今後の機種にも期待したいです。

注目の新台が導入されましたら調査します。お楽しみに!

※ 当サイトで使用しているホールや機械の画像はすべて許可を取り撮影し、掲載しております。

テーマ「注目機種導入レポート」の記事

注目のトピックス 最新テーマ