厳しい時こそ高単価機種の強化!

8月の連休も終わり

厳しい時期に入ったが

 

厳しいから低単価部門の強化!

はダメな戦略である。

 

厳しいからこそ

単価の高い部門(機種の)強化が

必須となる。

 

強化=薄利営業

余裕があれば

そのシンプルな思考でよいが

 

多くのホールで

今やるべき強化は

強化していない

高単価機種で動くことである。

 

スロットでいえば

沖ドキ、バジ絆は

強化し続けているので

この2機種よりも

GOD(凱旋)、番長3など

2番手、3番手の高射幸機の

アピール力を上げることだ。

週末に配置変更し

イベント的に見せることは多いが

これを高単価機種に絞れば良い。

 

ぱちんこならば

1番手の北斗無双ではなく

慶次や仕置人、ルパンなど

2番手、3番手の高単価機種を

良いタイミングで

良いポジションに配置変更して

アピール力を上げて

顧客接点を高めることが

重要である。

 

稼働UPの意識も大事だが

厳しい時こそ

売上UPの意識を高めたい。

※ 当サイトで使用しているホールや機械の画像はすべて許可を取り撮影し、掲載しております。