今年の1月は 視点を変えた営業の実行!

1月の新台、話題機種の

ぱちんこルパン

スロット星矢、蒼天

どれも、いまひとつの状況ですが

正月明けということで

盛り上がりにくいタイミングではあります。

 

このようなタイミングでは

想定していたことよりも下回ることは

よくある話なので、

予定している戦略を変える必要が

普通にあるわけです。

 

例えば

多くの企業(店舗)が実施しない営業を

実行することで

良い流れに変えるという考え方も

その1つなのですが

昨日視察した店舗のなかで

それに該当する事例がありました。

 

P沼で玉を出しているのです。

90%以上の店舗で

粗利重視をしているこの機種ですが

今のタイミングであれば

玉を出せば反応もすることもあるため

流動性の高いプレイヤー獲得に動いたのでしょう。

流動性の高いプレイヤーは

情報の拡散スピードもあります。

P沼で玉を出せば

客層が悪くなることがわかっていながら

実施しているのであれば

玉を出しているイメージを植え付けることで

悪い流れを変えようとしているとも

捉えることができます。

 

他では実施していないことを実施することで

良い流れを作ることはいくらでもできます。

 

上記以外にも

冬ソナ、ジョーズ、仮面ライダーで玉を出す!

これを実施している企業(店舗)がありますが

想定以上の成果を出されているケースもあります。

これらの機種は中古価格も高いわけですから

一定のニーズがあり、潜在能力が低くはないことは

実証されています。

ただ、台数を多く持つような

メイン機種にはならないわけですから

海や初代北斗無双で玉を出したほうが良い

といった思考を持つことが一般的なのです。

 

冬ソナ、ジョーズ、仮面ライダーでの玉出しは

流動性の低い中高年層が

メインターゲットになるため

短期的な戦略ではないでしょう。

そのため

それなりの稼働がある店舗に限られる戦略ですが

これも視点を変えた営業の1つだと言えます。

 

流れが悪いときは

視点を変える!逆転の発想が必要なのです。

 

今がそのタイミングなのかもしれません。

※ 当サイトで使用しているホールや機械の画像はすべて許可を取り撮影し、掲載しております。