入替ファン創り!

「入替でのファン創り」これも時流のテーマだ。

「入替=店内移動だけで良いことがない」の考え方は間違っている。
「機械に頼らない営業」という言葉もよく耳にするが、これも間違っている。

多くのお客様は勝ちを求めて来店されるが、機械(ぱちんこ&スロット)を遊技しない限り、勝ちを得ることはできない。ぱちんこホール営業はおもいっきり機械に頼っているのだ。機械とどう上手く付き合えるか、が大事な視点である。

それと、「入替をしないで店外移動させてしまうこと」よりも、「入替をして店内移動してもらうこと」のほうが間違いなく良い。以前にもお伝えした通り、「入替=店内移動」はマイナス的思考のイメージが強いが、本来「店内移動」はプラス的思考である。「店内移動=お客様が探す楽しみを提供できている」という価値観だ。もちろん、入替なしで客数維持や粗利確保ができるならばよいが、それで業績維持や業績UPは無理なことはわかっているはずだ。本来、入替はお客様が楽しみにしているイベントであるはずなのに、限度を超えた粗利獲得を長年実施してきたから、入替ファン離れが起きている。同時に、入替以外で玉を出すポジションを意図的に作ったわけだが、その結果、流動性の高いプロ客に勝たせ、固定化を図りやすい常連客が勝ちにくい構造となってしまった。この課題への対策が早急に必要だ。

昨今、一部の業績好調店舗では、「入替での集客」「入替ファン創り」をコツコツと継続して効果、成果が表れてきている。粗利確保に苦しまれている店舗では、急な営業方針転換は難しいため、まずは、「安価な中古機械での薄利営業」から始めてみてはどうだろうか。「機械代回収という悪の習慣」から少しづつ脱却していくことが必要不可欠だ。「入替ファン創り」は短期戦略ではないので瞬発力はないが、継続できれば、いつの間にか客数が伸びてくる。「いつのまにか」と競合店に言わせよう!

※ 当サイトで使用しているホールや機械の画像はすべて許可を取り撮影し、掲載しております。