組織力が高い!=余裕あり!

先週、全国各地の大手法人をまわっている際に、企業間における組織力の格差を強く感じた。厳しい時代だからこそ、組織力(縦横の連携)をさらに強化しなければならないことはわかっている!ようでわかっていないことが再確認できた。大企業だから組織力がしっかりしているというわけではない。当然、中小企業でも強い組織力で好調を維持している企業もある!が、組織力を意識して高めているのはほんの2割程度の社数だと感じる。

このご時勢、好調企業ほど、組織力(縦横の連携、チーム力)を活かそうしているのは事実だ。厳しいなかで余裕を感じる。本業が厳しい企業ほど異業種参入を意識するが、本業が良い企業はぱちんこ経営における効率化や費用対効果の高い営業を追求している。だからこそ、今後は組織力の低い(組織力が大きく崩れている)企業の崩壊が大中小関係なく始まることもわかっている。自力で組織力を強化できない企業は第三者にパイプ役で入ってもらったほうがよい!が、使えないパイプ役も多いので注意が必要だ(笑)

組織力の高い企業は↓↓↓

  • 「失敗」を許容する風土が組織にある
  • 幹部が新たなチャレンジをしている
  • 店長がしっかりと休むことができている
  • 笑顔の多い環境で仕事をしている
  • スピード対応ができている
  • 情報収集力が長けている

※ 当サイトで使用しているホールや機械の画像はすべて許可を取り撮影し、掲載しております。