力相応+α!

先週金曜日の夜9時過ぎに、福岡県内のある店舗で必殺仕事人Ⅴを遊技しようとしたら、空き台がなく断念した。

この店舗は地域1番店ではないが、夜の客数はそれなりに見込める店舗である。4円ぱちんこの海物語は昼間も夜も稼働率が低い。よくある光景だ。

この店舗は売上(粗利)がそれなりに見込める位置付けの店舗のため、ビッグコンテンツはBOX導入か列導入となっている。ちなみに、北斗7はBOX導入で仕事人は列導入。これも、よくある設置パターンだ。

BOX導入の北斗7の稼働率は平日夜で4~5割くらいだろうか。平日で4~5割稼働すれば休日のピークは8割以上で稼働する。そんな北斗も、仕事人も競合店との稼働格差が大きくなっている今日この頃。

ビッグコンテンツの場合、最終的には薄利営業での運用となる。ビッグコンテンツにおいて粗利重視営業で地域1番店なんて存在しない。存在するとすればその店舗は恵まれた立地としか言いようがない。

お客様(プレイヤー)からみるとビッグコンテンツにおいては稼働がよくない=勝てない店という烙印がつきやすい。そのため牙狼翔導入まで、北斗か仕事人のどちらかはそれなりの見栄えの良さは維持しておきたいところ。
※牙狼翔がよいとは限りません。

北斗(転生または無双)、仕事人のいずれかの稼働が競合店と比較して悪い場合は、早急に育成方針が伝わる体制(台数)で立て直す必要があるわけだが、鮮度の高い仕事人のほうが立て直し易いだろう。まだ間にあう状況と間に合わない状況、まだ間にあう機種と間に合わない機種があるだろうが。

ちなみに、減台しただけでなく、+αがないと単純な減台だけに終わってしまう可能性もあるのでそのあたりは察していただけると幸いです。

力相応+α!で稼働UPを目指しましょう!

※ 当サイトで使用しているホールや機械の画像はすべて許可を取り撮影し、掲載しております。