「 今年も終わりですね! 」 ありがとうございました。

いよいよ2019年もあと少しになりました。2019年を振り返ってみると書ききれないぐらい激動の年であったと思います。

 

業界以外では、消費税やポイント還元、年5日の年次有給休暇取得義務が始まりました。飲食チェーン店やコンビニエンスストアなどでは年末年始営業を店休にする法人もあります。しかし、我々の業界は三重県の40時間営業を始め休むどころか営業を強化しています。もちろん人員不足の中、営業しますのでスタッフへの負荷は大きいものです。最近は、店舗ビジネスでのアルバイトを希望しているにも関わらず土日休みで9時~17時を希望する者が多いように思います。事務スタッフと同じ勤務時間で時給のいい仕事をしたいというのが伝わってきます。正月休み期間の人材確保には悩まされるものです。

 

今年の年末年始は、今までスロットで柱として動いていましたバジリスク絆が撤去になっており久しぶりに来店されたお客様が遊技する機種がないと思われないように選択肢を伝えるホールつくりができているか判断する必要があると思います。私の知り合いでも毎年年始だけパチンコホールにいく者がいます。パチンコなら海系、スロットならジャグラーと絆、北斗などを遊技すると言っていました。絆がなくなった状態でジャグラーや北斗などが遊技しやすいように案内告知がされているか確認をした方がいいです。機会ロスが発生してしまいます。

 

総付は、三が日は配り放題であると認識しています。解釈基準で1月1日~3日は除くとありました。200円までというルールは存在していますが他店との差別化に活用できます。

最後に年明けの新装開店ですが、今年は5日の夜に多くのホール様は納品になります。担当営業マンとの連絡は大丈夫でしょうか?5日の夜になってバタバタするような事がないように事前確認が必要です。同時に店内での案内が必須です。年始の挨拶回りをしているサラリーマンに立ち寄ってもらえるように居心地の良い環境を年末年始から提供してイメージつけが大切であると思います。

 

いろいろと書きましたが、他店との差別化をするには年末年始は良い期間であると思います。くれぐれも防犯面などに気をつけて素敵な年をお迎えください。

※ 当サイトで使用しているホールや機械の画像はすべて許可を取り撮影し、掲載しております。