~ ホールスタッフが集まらない!都会の中小ホールの悩み  ~

東京都内の都会の時給平均が上がり続けている。某牛丼屋チェーン店でも時給1100~1150円スタート。一日3時間でもOKなど、チェーン店の居酒屋等も同じような条件で応募を続けているが、サッパリ若者が集まらないと嘆いている。
知り合いの焼き肉屋は、人材紹介会社に依頼したり、求人広告をたくさん出しても、何十万円費用をかけても、面接に来たのは2人。それも日本人ではなくベトナムの方だったそうで、その2人は採用したが、すぐに辞めてしまったとのこと。驚いたことに、このようなことはレアケースではないそうです。

今年4月の有効求人倍率は、1.59倍。

今は若者が仕事を選べる時代。パチンコホールの総務・採用関係の責任者も若者が集まらずにホールスタッフ不足。特に東京都内のホール様はとっても悩んでいるそうです。

某大手チェーン店の人事課長さん

「 もう若者が集まらないから、外国の方、少々お年を召した方の採用も考えているよ。 」

時代はここまで来たか!?と率直な感想。

将来的に人出不足により、パチンコ店が閉店といった記事が載らないようにするには、このような方法も模索・研究するのも一手だと感じます。パチンコホールスタッフの仕事は、玉運び等を代表に結構な重労働の部分もあり、不安要素もありますが・・・。

「 働き方改革 」
「 外国人労働者の採用の緩和 」
「 シルバー人材の有効活用 」

などが叫ばれている中、ホールにおける働き方・人材採用の方法・教育方法は劇的に変化すると思われます。

★柔軟なホールスタッフの採用が急務であると個人的にご提案します。

ゆとり世代の若者より、使えるかもです。言い方は悪いですが・・・。

(今日の聞き取り調査店の近くの浅草演芸場 )

※受付窓口です。大人気の猫ちゃん 名前は「 ジロリ 」
落語家より人気があるとのこと(笑)

パチンコホールも猫の手も借りたいですね。集客の一つとして。

~ 次回予定 ~ 話題の新機種パチンコを試打ち ~

※ 当サイトで使用しているホールや機械の画像はすべて許可を取り撮影し、掲載しております。