~ 今年の業界展望 パート2~

 今日は関東東京で雪が降ってございます。これからの天気予報では大雪になるとの予報ですが、予報がはずれて欲しいと思っている東京のホール店長様は多いと思います。
 なぜならパチンコ店に寄らずにさっさと家に帰るサラリーマンが多いからです。電車が止まったら帰れなくなってしまいますから、安全を優先して帰るのは当たり前だと思いますし。
 今日の夜に、近所のパチンコ店に行って、どのようなお客様がいるのかを興味本意ながらも観察しに行こうと思います。その結果は後日に記載予定です。

また改めての話ですが、本日から国会が始まりました。IR法案とギャンブル依存症対策の基本法が、本国会にて可決されるかが我々の商売には影響があるというは皆様ご存知のところなのですが、党内調整や某党との落としどころが見えないと

また可決持ち越しか?となったら → 業界回復の時間軸がまた遅れるといった感じになってしまうかも?

と考えているパチンコ業界の方々面々が多いと聞いております。まさに雪が降っている状態で晴れ間の隙間も見えない状態が継続となります。早めの可決を望んでおります。

今ホール間でのM&Aの事例が多くなってきており、上記のような感じが続くのであれば、ますますM&Aの模索も活発になり、また不採算店の閉鎖・売却が進むでしょう!

前号にも触れましたが、今は特にウルトラCの策を立てて実行するのは得策ではないと思われます。今来店してもらっているお客様を大切にしつつ、時期を待つということが将来的には良いと私的には考えております。無理をしすぎて投資して失敗すると財務状況が悪くなり、悪循環になります。

 近々で2~3似たような例を聞きました。そうはならないようにしましょう!
 えらそうな独り言でした。

 
(店舗を視察しながら考えたこと)

※上記は行きつけの店の写真です。エッグタルトがおいしいです。

 
※このような日もパチンコ店に足を運んでくれるお客様は経験上必ずいます。そのような方がパチンコ業界を支えていてくれている。本当に感謝ですね。
このようなお客様の為にも頑張っていきましょう!

私も負けずに今から閉店まで打ってみようかな?!
たぶん負けるけど。

~ 来週の予定 注目の新台を視察~

※ 当サイトで使用しているホールや機械の画像はすべて許可を取り撮影し、掲載しております。