~ ホールの方々との酒席での会話の巻 ~ ★今後生き残りそうな4円パチンコ台は?シリーズ物は?

  今回は、長年のお友達?の営業責任者・営業関係の幹部クラスのホールの皆様といつもの飲み会に参加した。いつも最後はグダグダになるパターンも多いのだが、本音を聞けることもあるので、勉強含めて参加してみました。その中の会話の中の一部を紹介しつつ、今後の参考にしていただければと思います。

 いつも通りのパターンのビールで始まり、バカ話と愚痴話も一巡。私の方から、場面を変えようと麦焼酎を飲みながら参加者の方々6名になにげなく話を振ってみた。
「4円パチンコは今の設置機種の主力コーナーでどの機種(シリーズ)が来年以降生き残っていくのだろうね?」

酒の席でアバウトな投げかけなのだが、皆さんはベテランで我が強い方ばかり。俺の話を聞いてくれとばかりにドッと自分の主張を開始した。

※居酒屋のシーン 写真

「海・北斗・牙狼・仕事人シリーズ以外は基本的に全部ダメだね!アテにならない。新台族ばかりだから、店内移動ばかりだ。」

よく聞く話だな~ (三浦心の声)

通り一辺倒な話が続き、退屈感が皆様に漂ってきた。

誰かおもしろいこと言わないかな~(再び三浦心の声)

その中でいつも奇抜で結構するどい若者店長が発言を開始した。

「まどかマギカは運用次第で生き残れるじゃないかな!」

自分の店と商圏内の傾向を観察している上での生き残りそうな機種と根拠はとしては

・そんなに多台数市場に設置されていない
・店にとっても運用しやすい(利益面含む)
・スロットのまどかマギカも打つ固定客(若者中心)が土日・平日夕方以降に手堅く存在している

要するに、今後色々なパチンコ新台が販売・設置されても、あまり影響を受けないであろうという読みなのだ。設置場所も今のところから移動させずに、お客様の様子を見ながら、タイミングを見て活性化させれば大丈夫だと確信しているようだ。

その店のまどかの設置台数は14台でBOX配置。商圏は東京台東区。基本スロット以外の客層は中高年齢層しかいない店です。

夜が更けて来て、皆様酔いしれて上野方面へ。私は、ぐでんぐでんになってお家へ。

今日もお疲れ様でした。

今日の酒とつまみ
※ホールの皆様方と閻魔の一升瓶を一日で飲みました。
 

(酒を飲みながら考えたこと!)

今日は色々な話をホール様から聞けて参考になった。時間を作って特に若い店長さんの意見を積極的に聞いていこう。固定概念に縛られてばかりじゃダメだなとつくづく今日は感じました。
 
※来週の散歩予定 ~ 激戦区 東京大山界隈を散歩する ~

※ 当サイトで使用しているホールや機械の画像はすべて許可を取り撮影し、掲載しております。