クビ

10時間の実戦を6回、計60時間の実戦で収支がマイナスだったらクビになるという、フリーランス業的にはまぁまぁ過酷な番組『パチンコ実戦塾』という番組を先日、240時間目にしてクビになってしまいました。

始まってからずっと生き残っているのが僕だけだったので、どこまで生き残れるのか自分自身も楽しみだったし、プレッシャーになりすぎないように、まぁいつか落ちるもんだと言い聞かせてきた部分もあったり、でもやれることはやらなきゃと思い続けてきた面もあったり…………収録時間が長いから前泊&後泊になることもあって、共演者と番組について語り明かしたなぁ、なんて、全部が終わってから浮かんでくるんですよね。

いや、確率的にはいつかクビになるもんですよ。わかっちゃいます。
わかっちゃいるけど、やめられねぇ。スーダラ節で頑張りたかったんですけどね。
やめられねぇのは酒だけでした。

演者は常に4人でクビになった人数分が次のシーズンで補充されていく制度なのですが、最初のシーズンでは大御所ばかりの中に僕がポツーンといて「なんでマリブ?」という声もありました。
1年半、生き残り続けたことでクビになった放送後に「マリブがいないとか見たくない」というメッセージを多くいただけたのは、本当に、有難いことです。数多ある声に応える形で、じゃあマリブで新しい番組を……みたいな流れがあるかと思いきや現状は特に何も、地球のマイペースな自転を肌で感じ続けるだけの布団の上この頃、でございますが。

雑誌媒体の異なる共演者の方たちとも仲良くさせていただき、本当に楽しかったんですけど、何でしょうね。クビになったけど、毎月飲もうねっ、ウチラ仲良しだもんねっ。
みたいなノリにはなれないんですよ。生き残り続けなきゃ会い続けられなかった現場の反動か、シンプルに共演者が男だけだからなのかはわかりませんが。
この人たちとはまた番組終わりで飲みたい、って気持ちが強いんですよね。

本当は、生き残っていたら、今月も過酷な収録があったのだなぁと思うと
さみしくてですね。でも、誰かと飲む気分にもなれなくて

前泊したときに撮った

居酒屋さんの写真を眺めている次第でございます。身体中から女々しさが臭ってます。

今はまだ、女子が別れた彼氏とのラインを見返して加藤ミリヤの曲を聴きたくなるようなメンタルですが、番組がずっと続けば誰かがクビになったときの補充要因として輪廻転生(復活)が可能らしいので、生まれ変わっても一緒になろうと約束したときの聖子ちゃんのメンタルに切り替えて、また番組に呼ばれる日を目標に今後とも仕事を頑張っていこうと思います。

『パチンコ実戦塾』1年半、ありがとうございました。

※ 当サイトで使用しているホールや機械の画像はすべて許可を取り撮影し、掲載しております。