呼び出しランプ

 コインがなくなったときやエラーが発生したとき、また半ズボンを穿いていて感電したときなど、パチンコ・パチスロのプレイが困難になったときは当たり前ですが、呼び出しランプを押して店員を呼びます。まさか狼煙を上げて店員を呼ぶという方はおりますまい。

 私は待ち合わせなどで人に待たされてもなんとも思いません。1時間でも2時間でも待ちます、あみんを歌いながら待つことが出来ますというのは、すみません、嘘です。30分程度なら表情ひとつ変えずに待てるのですが、無論、このあたりは等価交換でなければならないので、私も30分程度の遅刻はバンバンします。ほぼほぼ遅れます。だから怒らないでください。

 ただ、ホールにおいてはどうか。友人や愛人ならその関係は対等ですから、待たされたところでどうということはありませんが、ホールにおける私たちは客です。とりわけ、いつも大金を落としている私は上客であり、太客であるわけです。その客を待たせるなど以っての外。言語道断、コンゴ横断です。

 恐らく、写真教育が徹底しているのでしょう。私の経験上、マルハンやダイナムといった大手チェーンは近所の蕎麦屋がいう出前迅速よりも迅速に対応します。待たされたことはほぼありません。店との相性はサッパリですが、エスパスも速いとの印象です。というか、ドル箱を使っているホールに関して言えばパチンコは比較的迅速な対応に期待できますが盲点はスロコーナーです。特に自動補給システムを採用している店は嫌な思いをすることも多々あります。

 基本、打ち手は出ているときであれ、出ていないときであれ、プレイを妨げられるのがイヤですからエラーが発生した時点で多少なりともイラッとします。そのエラーを一刻も早く解除して欲しいと思うからフレッツ光よりも速く呼び出しボタンを押すのです。スロでエラーが発生したとき、ほとんどの客が台から離れないのは、つまりそういうことなのですが、コイン自動補給の店は店員が基本どこも少ない。エラーで待たされる頻度はドル箱を使っている店以上と言えます。

 友人や愛人を待つのは30分、店員を待つのは2分と決めています。そう、大概は2分以内に解決するので2分と定めているのですが、先日、よくエラーが発生することで有名な番長3を打ったとき、最初の呼び出しボタンで5分、次の呼び出しボタンでまた5分待たされました。店員がきたとき、腕時計を見るフリをして「遅い」を思い切りアピールしたのですが、まったく見ていなかったのか、それとも村一番のバカなのか。そのあたりは分かりかねますが、その次に呼び出しボタンを押したとき、あろうことか、あるまいことか10分待っても来なかったのです。

頭にきたのでトイレにウンコをしに行きました。ツムツムも5回ほどやりました。そして30分ほど経過して台に戻ったら、呼び出しランプが点いている状態でしたので、持ちコインもないことだしと、そのまま店を出て家に帰りました。

※ 当サイトで使用しているホールや機械の画像はすべて許可を取り撮影し、掲載しております。