豪気な男だと思われているようですが…。

 ホールの床に寝転がってみたり、木で鼻を括ったような態度の台を取り外そうとしてみたりといった、テレビや動画での暴れっぷりを観てのことでしょう。総理府の調べによると、どうやら私は多くの打ち手にサラリーマン金太郎やマグロ漁師以上に豪気な男だと思われているようですが、あれはあくまでも番組上の演出。仕事だからやっているのであって、プライベートのスロでやるかと言われたら絶対にやりません。すみません、訂正します。おそらくやりません。

 私生活でも宵越しの銭は持たなさそとか、細かいことは一切気にしなさそうとか、四畳半でスケを乱暴に抱いていそうとか、なにかこう、豪気とは少し違うような気がしないでもありませんが、とにかくそうした荒々しい印象を持たれている方が多いと訊きます。だからこそ声を大にして言いたいのです。ふざけんじゃないよ、俺は皆様が思っているほど豪気な男じゃいよと。

先日も獣王で万を超えるコインを手にしましたが、家に帰る道すがら立ち寄ったのは吉野家。しかも、注文したのは並、クーポンを使うことも忘れませんでしたし、その翌日も財布がパンパンになっているのに5千円のTシャツを買うことを躊躇しましたし、さらに言うならそれ以降はボーナスタイプしか打たぬ鉄壁の立ち回りで、なんとか今月のプラス収支を維持しようと躍起になっているのです。どうですか、この豪気とはまるで異なる私の立ち振る舞い。なにが豪気かと、むしろその逆ですよと言いたいわけです。

ただ、最高設定を強く主張するバーサスのバカ野郎がうんともすんとも言わず、そこそこの額やられた昨日は新千歳空港で追加料金を支払って、分不相応なファーストクラスに乗りましたからね。負けてイライラしているときに限って言えば、めちゃくちゃ豪気な男なのかも知れません。おごられ上手な後輩は覚えておくように。

※ 当サイトで使用しているホールや機械の画像はすべて許可を取り撮影し、掲載しております。