ホール様とお食事処

いよいよ紅葉の季節となりました。この季節は新米やサンマ、松茸に栗などなど・・・食欲が刺激されますね。ぱちんこやパチスロを打っているとどうしても時間を忘れてしまいがちですが、あまり根を詰めても判断力が鈍りますし単純に疲れちゃいますので、定期的に休憩はとったほうが良いものです。外の空気を吸うだけでもだいぶ違いますが、やっぱり食事が一番。というわけで、今回はホール様の「お食事処」についてです。

 

最近はどこでも手軽にお食事ができるお店が至る所にあるので、特にホール内に食事スペースがなくても困らない事が多いのですが、例えば郊外店に遊びに行った時などは、休憩時に利用できる食事処がなくて何も食べられない・・・ということもあるものです。そういうホール様は休憩室にカップ麺等の販売機があったりするのですが、流石に女性だと利用することは憚られるものですので。地元客などにはさしたる問題はないのかもしれませんが、出張や仕事合間で遊技しようとするお客様にとっては、この「お食事処の有無」がお店選びの決め手になることもあるかもしれません。

 

お食事処の有無は基本的に入店してみないと分かりません。不安に思いながら入ってみて、お食事処を見つけて安堵。そしてそこで食べてみたらめちゃくちゃ美味しい! となるとぱちんこの勝負以前にかなり勝った気分になったりします。最近ですと、とあるチェーンホール様の唐揚げ丼が美味しかったですねー。もはやあの丼を食べるためだけにもう一度行きたいとすら思うくらいです(笑)

営業しているビル内のテナントや近隣飲食店と協力して会員限定で割引メニューを提供する、などのサービスを行なっているホール様も最近多くなりました。

その中でも私の記憶に強烈に残っているお店があります。そちらのホール様では会員限定で39円のお食事を用意している日が月に数日あるのです!この「39」という数字にも、どうやらそちらのホール様の思惑があるようです(が、こちらではお茶を濁しておきます)

このくらいのサービスなら全国にちょいちょいあるだろーと思われるかもしれません、がこちらのホール様の場合はホール内の食事スペースではなく他のテナントに入っている居酒屋さんがそのお食事を提供していて、しっかりとしたメニューでしかもなかなか美味しい、というところが特別感なのです。お客の立場からすると、わずか39円で美味しいお食事が食べられるのであれば、その日にそのホール様に行きたくなるものです!郊外店のサービスとしてはかなりアリだと思いました。

 

お店のお食事処―――気にしているお客様は絶対にいるものです。20代・30代のお客様が減っている中、ファンの増加は業界の急務になっています。

こういうアプローチでのサービスも悪くないのではないでしょうか。

※ 当サイトで使用しているホールや機械の画像はすべて許可を取り撮影し、掲載しております。