お手洗いの「清潔感」を考える

知り合いから、とある鰻屋さんのお手洗いがあまりにも素敵すぎる!という話を聞きつけ、早速行ってみました。伺ってみると、トイレ用品を全て有田焼で揃えていて、それはそれは豪華でキレイなお手洗いでした。お店の方曰く、このお手洗いを目的に来店するお客様も大勢いるのだとか。こちらのお店、お手洗いをウリ(!?)にしているところもあるようで、その豪華さだけでなく「清潔感」にもかなりこだわっているようです。「快適に過ごせるお手洗い」をモットーに手が空いた従業員の方は必ずお手洗いを覗いて、ちょっとした汚れがないかを常にチェックをしているのだとか。流石ですね。

 

 

さて、我々ぱちんこ業界も、サービス業として大切にするべき要素に「清潔」であることが挙げられると思います。特に女性客の獲得を目指すならば、店舗の居心地が良いかどうか、すなわち店舗が「清潔感」で溢れているか否かは女性にとって来店の判断基準のひとつになるので、大事なところです。基本として抑えなければならないところだと思います。ただ、実際にお客様はそのお店が「清潔」か否かを知るすべはなく、あくまで感覚で「清潔感」というものを感じ取るもの。ですから、「清潔感」を演出することがポイントなのではないでしょうか。

 

今回は女性客が、その「清潔感」を一番感じやすい場所、お手洗いの話です。

 

ホール内でのお手洗いは、豪華である必要は決してありませんが、常にキレイに保たれていることは大事なことです。それはホール様も充分ご承知のことで、決められた時間毎に掃除する箇所を表にし、済んだらチェックや担当者の名前を記すものを掲示しているお手洗いをよく見かけます。これはスタッフさん側の管理上の目的とともに、うちのホールはお手洗いをキレイに保っていますよーという「清潔感」のアピールにもなるものだと思います。

そうであるならば、しっかりとそのメッセージがお客様に伝わるように演出してみませんか?

例えば項目をもっと詳細にするのです。多くのホール様は、例えば便器、トイレットペーパー、床や手洗器等大雑把な項目で管理をなさっているようです。けれども、例えば便器であるならば、便座の表面や裏面、便器内などを細かく記し清掃していることが分かれば、「ちゃんとしっかり清掃がなされているな」という印象を受けます。これが「清潔感」の演出に一役買うのではないでしょうか。

また、これは意外な事実ですが、お手洗いの場で最も細菌の数が多いのは蛇口なのだそうです。ですので、手洗器も、内外や蛇口などもチェック項目に詳細にし、細心の注意のもと清掃をしていることをアピールすると、お客様は安心できるのではないでしょうか。そういった表を堂々とお客様の目につく場所に掲示してみてはいかがでしょう?

 

時に、テッシュペーパーや脂取り紙、マウスウォッシュなども備えているお手洗いがありますが、ホコリがかぶっていたりして、いつから置いてあるのだろう?と、とても使おうとは思えない状況もあるのです。こういったものを置くのであれば、定期的に入れ替えて、清潔であることをお客様に見せるよう心掛けましょう。

 

先の鰻屋さんのように、お手洗いが素敵だという理由からお客様が劇的に増えることは、パチンコホール様にはないでしょう。けれども、お手洗いが汚いという理由でお客様が離れることはありうるのですから。

※ 当サイトで使用しているホールや機械の画像はすべて許可を取り撮影し、掲載しております。