ゴールデンウィークで思ったこと

ゴールデンウィーク中、やることがないことをいい事に、ぱちんこホール様へ足が向く毎日を過ごしてしまった私です。マイナス3万6000円。残念です(涙)
今回は連休中ぱちんこ漬けの日々をおくった私が(主観ではありますが)つくづく感じたことを記そうと思います。

休日は、平日の仕事終わりからの遊技や空いた時間のそれとはちがい、ある意味「腰をすえて」長い時間ゆっくり遊ぼう!と思い、ホール様に行くものです。連休中は特に次の日の仕事なども気にすることなく、閉店まで!気が済むまで!打てる!!という時間と気持ちの余裕があるもの。これが良いんですよね~♪
そんな毎日、どうにも当りを引けず泣く泣く帰らざるを得ない状況以外に、「もう、やめよう!」と思うことがあったのです。
それは決まって「疲労」と「空腹」を感じた時です。

私は腰痛持ちなのですが、今回長い遊技を毎日して、一番堪えたのが、座りっぱなしでいることでした。足を組み替えたり、時にはお手洗いに行って、屈伸をしたりしても、やはり座りっぱなしの姿勢は、体に負担がかかりますね。ホール様によって椅子の良し悪しには随分と差がありますが、やはり座り易い椅子のほうが、確実に疲労感は薄く、断然長い時間遊技を楽しめたのでした。

ホール様には良い椅子を設備していただきたいもだとつくづく感じたのでした。予算のかかる問題ではありますが、座り易い椅子、体に負担がかかりにくい椅子は、遊技客にとってはかなり重要なことです。特にお客様の滞留時間が長くなりがちな郊外のホール様は、前向きに検討していただく価値があるように思われます。

次に空腹についてです。繁華街のホール様であれば、直ぐ側に飲食店がいくつもあるものですが、郊外となるとそうもいきません。飲食コーナーを併設なさっているホール様も結構ありますが、どんなものかと食べてみると、大概期待を裏切られ、お安くもなく美味しくもない半端なものが多いものです。

そんななか、面白いものを見つけました!
それは自販機です。それもセブンイレブンの。珍しいですよね!なかなかの幅の自販機の中には、定番のおにぎりやサンドウィッチや菓子パン、そしてカップ麺やカロリーメイトなどがズラッと並んでいました。コンビニご飯は身近で慣れ親しんでいるので、とっても有難い思いがしました。お値段も、店頭とほぼ変わらずの提供です。結構重宝されるのではないでしょうか。セブンイレブンの制服を着た方が、商品の補充をされていましたので、近くのお店と提携しているのでしょう。

あと余談の上、当たり前の話ですが、自販機はトイレ前に設置するほうが売上げるそうです。確かに、お客様は島とお手洗いと景品カウンターの三点で動きますので、この動線にあることが大事なのは当然といえば当然ですね。

なかなか遊技人口を増やすことは難しい昨今、今いる遊戯客が少しでも長く遊技してもらえるような取組みは大事なことだと思います。こうして、お客様を少しでも長く遊んでいただき、ホールから出さない努力の積み重ねは非常に大切なことだと思います。

※ 当サイトで使用しているホールや機械の画像はすべて許可を取り撮影し、掲載しております。