CRA大海物語スペシャルを打ってみる

先週からCRA大海物語スペシャルが登場しました。多くのホール様は機械の細かい良し悪しよりも、今回の規則改正によるみなし機の扱いが不透明であること、そして次の甘デジ海が来年の5月の連休頃まで出ないこと、などの理由から数台は手当なさったことと思います。ましてプレミアム海の甘に至っては確か今月には認定期間が切れる頃では・・・。

甘デジの大海withアグネスは、2008年の最初のシリーズから2012年、2015年と今回で4作目となります。ご存知の通り大ヒットの長寿機ですね。高年齢層の方は特に安心して打てる一機種として根強い人気です。今作も変わらず、ノーマル海のラグーン、ボタンプッシュのアトランティス、ステップアップのトレジャーとお馴染みのモード、そしてアグネスラムちゃんも健在で安心感があります。その上初代の大海をベースにしつつシリーズ2作目や3作目の演出も搭載したようです。今回はリメイク機となっているということで、私としては少々残念ではありました。なぜなら、目新しさに欠ける上画像の荒さを感じますし、3R甘等はあまり個人的には好きな台ではありませんでしたので(ただし、市場では初期稼動こそあまり芳しくはなかったですが、ある一定の稼動は保ち現在も安定稼働してはいますね)。

さー、そんな印象を持ちつつ、何店舗か回り実機を打ってみました。すると、打っていますね、おじさまおばさま達が。しっかりと落ち着いて打っています!私自身の感想はというと、懐かしさはあれど、全く目新しさはナシです。ただ、どこからどう発展し、どうなればアツいのかは周知のことですので、とても安心して打てるのは確かです。とても単純なゲーム性で全く余計な演出がない。これはまさにぱちんこ界のらくらくフォン(高齢者向けスマートフォン)ですね。これこそが、海が高齢層に親和感を持たれる意味なのでしょう。

大当たり後のアグネスラムちゃんのサインはやはりアツい!

派手さや新規性には乏しい大海ですが、一際シンプルなゲーム性とスペック、しかも今回はリメイク機として初代を知る中高年層の海ファンには親和感があり、安心さのもとで反応が良いのかもしれません。

よくCRスーパー海物語IN沖縄4などの新基準甘海は旧基準の甘海にくらべ出玉面(特に連チャンの少なさ)が劣るとの懸念が指摘されます。確かに沖海甘4を打っているとメリハリがないなーと思うことが正直ありましたから。ですので、今回の大海もここを不安視する向きはあったと思います。ただ、海好きの中高年は然程そういったスペック面には拘らない傾向にあります。不安なく遊べること、そして兎に角大当たりを小刻みにでも引き、それを引く楽しみを味わいたいと思っているものですから。
ですので、逆に言えば今回の大海は出玉が出ない分、小額で長い時間遊べることを目的としてホールへ足を運ぶ中高年層にはぴったりの機種とも言えるのです!是非、出玉面の短所を逆手にとって、「お財布にやさしく、安心して遊べる」ことを前面に押し出していきたいものです。低貸で毎日遊びたい高齢層のお客様にとっては、初代大海を知っている懐かしさも手伝い、このリメイク機は親しまれる機械として息の長い稼動をすることでしょう。

何れにせよ、遠くない将来ホール内は新基準機オンリーになるわけです。なかなか新しいものを受け入れられない高齢層の方々に、今旧基準機がある内に遊技の選択肢の一つとして大海に触れていただき、将来に向けて新基準のお金が入るスピード感やその出玉感に慣れて親しんでもらうことも大事な取り組みなのかもしれません。高齢層が安心して座れる1パチ等の低貸コーナーが、今回の大海が大いに活躍できる場であることは間違いありませんね。ホール様には長い運用を目指し、大事に使っていただきたいです。

備考として一言
今、「どの新台を入れるのか」も大事ですが、専らの関心事は現在設置されている機種のうち、「どの機種の認定を取るか」であると思われます。今設置されている機種の認定の提出期日はいつなのか、いつまでに購入し設置すれば認定が取れるのか・・・等々、各都道府県で違いもあるようですので注意して下さい。新機種を厳選し大切に使うと共に、この先何年か使うであろう機種を慎重にピックアップしたいものです。

※ 当サイトで使用しているホールや機械の画像はすべて許可を取り撮影し、掲載しております。