「Pビッグドリーム2激神」~旧基準機の出玉性能に近づきつつある新規則機

サミー(銀座)より、パチンコ新機種「Pビッグドリーム2激神」が発表されました。本機種は、2015年にリリースされたタイヨーエレック製「CRビッグドリーム~神撃~」の正統後継機と謳われています。

前作「CRビッグドリーム~神撃~」は、導入開始当時、バラエティ内での少台数設置に止めた店舗が多かったのですが、出玉の一撃性と瞬発力に長けたスペックが投機的嗜好の強いヘビーユーザー層から強く支持され、稼働、粗利の双方で高い実績を残しました。2016年末にマックスタイプ版は完全撤去されてしまいましたが、2017年以降もミドルタイプ版や甘デジ版が長期稼働を記録したほか、「CRビッグドリーム」をモデルとした7セグ・ドット搭載機が複数のメーカーからリリースされ、現在のパチンコ市場に強い影響力を与えたことは確かです。

 

今作では、少出玉+時短なしの2R通常大当たりを確変終了契機とし、確変状態「GOLDEN GAME」の出玉性能と消化スピードを大きく高めるという基本設計を前作から継承し、前作の持つ出玉の一撃性と瞬発力を新規則という枠内で最大限に再現しました。「GOLDEN GAME」の継続率と出玉1500個の10R大当たり比率は80.5%、図柄変動時間は最短0.5秒に設定し、一旦「GOLDEN GAME」に突入すると、10R大当たりが短時間で高ループする仕様とされていますが、現在、スペックの評価基準の1つとされる「時速」は新規則機の中でもトップとなる約21000個に達するそうです。旧基準機である前作と比較してもスペック面での見劣りは感じられず、「GOLDEN GAME」中は大出玉大当たりが短時間で連鎖して大きな塊を生み出すという醍醐味は存分に体感できることでしょう。

 

一方、演出に着目すると、7セグをメインとしていた前作に対し、今作では、2枚の可動液晶と7セグを併用した演出が常時展開され、通常時の賑やかしや遊技の間持ちに対処しました。ただ、チャンス目の連続停止→リーチ成立→可動液晶作動(=シャッター開放)→ギルガメッシュギミック出現→ジャッジメント演出を経て大当たりに至るプロセスは継承され、演出の明瞭性は保たれています。一方、「GOLDEN GAME」中は、何の前触れもない状態から図柄のビタ止まりで突如10R大当たりを告知するという、前作と同様の見せ方が施され、プレイヤーには大当たり時の衝撃や高揚感も満喫できるかと思われます。不要な演出を極力省き、一発告知型としてのテイストを強めた前作の流れを汲んだことにより、前作の遊技感は損なわれておらず、ヘビーユーザー層にガセや煽りの少なさ、大当たりに至るまでの明快さや分かりやすさで支持されることが想定されます。

 

◆“オンリーワン”型の機種

前作「CRビッグドリーム~神撃~」のリリースから約4年のブランクがあり、パチンコのジャンルとしては未だマイナーな域に止まっていますが、今作は、「ビッグドリーム」の正統後継機と謳われており、前作を知るヘビーユーザーから注目と期待が集まると推測されます。さらに前作の持つ出玉の一撃性と瞬発力を再現したスペックから、前作に強い思い入れを抱くユーザーや勝ちへのこだわりが強いヘビーユーザー層から熱烈に支持され、彼らにオンリーワンの機種としての魅力を発揮するかもしれません。

新規則機の中では、出玉感でユーザーを魅了できる数少ない機種と捉えられ、導入した際には、是非とも出玉アピールを通じて、投資意欲の強いユーザーを採り込みたいところです。ただ、通常大当たり当選に対する恩恵が少ないため、持ち玉でじっくり粘らせる遊技は促進されづらく、その際には、短時間勝負を所望するユーザーの入れ替わりを見越した、回転率重視の運用にウエイトを置いた方が良いでしょう。

 

◆旧基準機の出玉性能に近づきつつある新基準機

継続率の上限に関する内規が撤廃されて以降、高継続タイプが主流化し、この中のいくつかでは、「時速」と称される出玉の増加スピードを旧基準機の水準に近づけることを可能としました。さらにベース内規が撤廃されたことにより、RUSH中の出玉期待値、いわゆる「モードTY」も旧基準機に匹敵する、もしくは上回る機種が登場し始め、その結果、来年1~2月にかけて「高速」「高モードTY」を謳ったミドルタイプが多く導入される予定です。

ユーザーの間で「新規則機の出玉性能は旧基準機よりも劣る」というネガティブイメージは今も根強く残っていますが、仮にこれらの機種の持つ出玉性能をきちんと伝えることができれば、彼らの目を新規則機へと向けさせ、新規則機への遊技習慣を確立するきっかけになるかもしれません。

新規則機への完全移行まで残り1年となりましたが、営業戦略上、旧基準機をなかなか撤去できない状況が続いています。2020年に良好なスタートダッシュを切る意味でも、先ずは1~2月に登場する「高速+高モードTY」タイプで新規則機に対するイメージ転換を図り、旧規則機から新規則機への移行を本格化させていきたいところです。

※ 当サイトで使用しているホールや機械の画像はすべて許可を取り撮影し、掲載しております。

新着記事

機種レビュー

パチスロマシンレビュー 2019年11月
2019年11月26日
  • サミー Sエウレカセブン3
  • サンセイ S沖っ娘
  • オーイズミ Sパチスロ1000ちゃん
  • JFJ Sリング恐襲ノ連鎖
パチンコマシンレビュー 2019年11月
2019年11月26日
  • オッケー PぱちんこAKBワン・ツー・スリー!!フェスティバル
  • 西陣 P 13日の金曜日
  • ビスティ P 新世紀ヱヴァンゲリヲン〜シト、新生〜
  • 藤商事 P 貞子VS伽椰子頂上決戦
  • メーシー P バジリスク2 甲賀忍法帖
パチスロマシンレビュー 2019年10月
2019年10月30日
  • 三共 蒼穹のファフナーEXODUS
  • セブンリーグ 天下布武4
  • 平和 ルパン三世 イタリアの夢
  • コナミアミューズメント マジカルハロウィン7
  • 三共 トータル・イクリプス2
パチンコマシンレビュー 2019年10月
2019年10月30日
  • オッケー P AKB48 誇りの丘 LightVersion
  • マルホン P 鳳凰∞
  • 三共PA Fスーパー戦隊 LIGHT VER
  • 三洋PA 元祖大工の源さん
  • 三洋PA 咲-Saki-阿知賀編episode of side-A